HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【コニカミノルタ】癌遺伝子パネルで共同研究‐東大、がんセと産学連携

2019年06月11日 (火)

中央左から油谷浩幸氏、藤井清孝氏

中央左から油谷浩幸氏、藤井清孝氏

 コニカミノルタと東京大学、国立がん研究センター研究所は6日、癌組織にある多数の遺伝子変異情報を取得し、解析できるプラットフォーム構築に向け、次世代癌遺伝子パネルの共同研究を開始すると発表した。東大が独自開発した癌遺伝子パネル検査「東大オンコパネル」の基盤に、コニカミノルタの米子会社「アンブリー・ジェネティクス」の遺伝子解析技術を融合することで、日本人特有の遺伝子変異を解明し、革新的な癌治療法や診断法の開発を目指す。今後半年間で次世代癌遺伝子パネルを構築し、その後に実施する臨床研究を通じて実用化のメドを付けたい考えだ。

 東大オンコパネルは、一度に450以上の遺伝子変異、増殖を検出するDNAパネルと、450以上の遺伝子の融合転写産物等を検出するRNAパネルで構成される遺伝子パネル検査装置。体外診断薬として実用化に向けた開発が進められている。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報