HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【IQVIA調査】米J&Jがトップに浮上‐18年世界売上ランキング

2019年07月04日 (木)

 医療用医薬品を販売する製薬企業の2018年世界売上ランキングで、米ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)が12.3%増の525億ドルとトップに浮上したことが、IQVIAの調べで明らかになった。2位にはスイス・ノバルティス、3位に米ファイザーが続き、アイルランドのシャイアーを買収した武田薬品は、統合前で13位となった。製品売上ランキングでは、抗TNF-α抗体「ヒュミラ」が10.8%増の254億ドルと、歴史的なトップ製品の立場にありながらも大きく成長している。日本発医薬品では抗PD-1抗体「オプジーボ」が7位に躍り出た。

表

 J&Jは前年から二桁成長を達成したほか、ノバルティスは5.0%増と売上を伸ばし、上位2社が売上500億ドル企業となった。3位のファイザーは1.2%減の490億ドルと失速した一方、スイス・ロシュが8.4%増の451億ドルと4位となった。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報