HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【大日本住友製薬】豪バイオ企業に買収提案‐総額150億円規模か

2019年07月22日 (月)

 大日本住友製薬は、豪再生医療ベンチャー「サイナータ・セラピューティクス」に買収提案を行った。サイナータが19日に発表した。サイナータ株1株当たり2豪ドルの買収価格で全株式を取得する提案となっており、総額150億円規模となる見通し。大日本住友は再生・細胞医薬を強化しており、食指を動かしたと見られる。今後両社で交渉を進める。

 サイナータは、他家ヒトiPS細胞由来間葉系幹細胞(MSC)を用いた細胞療法の開発を進めるバイオベンチャー。健康成人から採取したiPS細胞を由来とし、MSCを作製する生産プラットフォームを保有している。富士フイルムと資本業務提携を行っており、サイナータの発行済み株式のうち、富士フイルムが8%を保有し、開発や商業化のライセンス権を導出している。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報