HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【GE薬協】後発品欠品リスク低減へ‐澤井会長「供給工程の自己点検促す」

2019年07月31日 (水)

原薬複数ソース化を推進

澤井光郎氏

澤井光郎氏

 日本ジェネリック製薬協会(GE薬協)の澤井光郎会長は、本紙のインタビューに応じ、原薬調達の問題で一部後発品で品切れが発生した事態を受け、安定供給への対応を重要課題に位置づけた。会員企業が複数の製造所から原薬を調達する「原薬複数ソース化比率」の引き上げを目指すと共に、日本製薬団体連合会が作成した原薬の安定調達確保に関するチェックリストなどを活用し、会員企業の自己点検を実施する。澤井氏は、欠品リスクが認められる場合は、早期に行政に相談するなど適切な対応を取るとし、「原薬の出発物質から最終製品までサプライチェーンを点検し、医療機関への安定供給に支障を来さない体制を構築したい」と語った。

 海外の原薬に依存する医薬品は多いが、後発品でも供給不安が起こっている。日医工が販売するセファゾリンナトリウム注射剤では、原薬出発物質を製造する中国メーカーによる供給停止と、イタリア原薬メーカーの製造工程で不純物が混入し、供給が停止した。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報