HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【協和キリン】日本主導で世界事業体制‐宮本社長、中国市場への展開に意欲

2019年08月08日 (木)

宮本昌志氏

宮本昌志氏

 協和キリンは、自社創製品の世界販売を開始したことを契機に、日本主導でのグローバル事業体制を加速させる。くる病治療薬「クリスヴィータ」(一般名:ブロスマブ)や血液癌治療薬「ポテリジオ」(一般名:モガムリズマブ)の欧米上市に伴い、日本から直接海外拠点を一元管理する事業体制に4月から変更した。宮本昌志社長は、1日に都内で開催した決算説明会で、欧米に加え、中国展開も考慮した体制であることを強調。「中国特有のリスクは考慮しないといけないが、間違いなく今後大きく伸長する市場。協和キリンとしても戦略を立てていく」と意欲を示した。

 同社は、目標として掲げる日本発のグローバルスペシャリティファーマ(GSP)に向けて、4月からグローバル展開に向けた組織体制に変更した。2019年12月期中間決算では、海外売上でクリスヴィータが134億円、ポテリジオは54億円を計上した。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報