HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【大日本住友】野村社長「糖尿病領域のトップ狙う」‐ノバルティスと共同販促で基盤

2019年08月19日 (月)

野村博社長

野村博社長

 大日本住友製薬は、7月からノバルティスファーマと糖尿病治療剤2剤の共同販促を開始したことから、国内糖尿病領域でトップ企業を目指す方針だ。野村博社長は7日に都内で記者会見し、「ノバルティスとの共同販促で一つのベースができた。国内糖尿病領域のナンバー1企業として、医療関係者から信頼される医療パートナーになる」と強調。2021年には現在開発中の新規作用機序薬「イメグリミン」を上市する予定で、23年度から開始する次期中期経営計画の国内売上目標2000億円に向け、精神神経領域に続く重点疾患領域に育成する。

 同社は、国内の糖尿病領域でGLP-1受容体作動薬「トルリシティ」やビグアナイド薬「メトグルコ」などを販売し、売上は約400億円に上る。7月からは、ノバルティスとの間で、DPP-4阻害剤「エクア」とビグアナイド薬との配合剤「エクメット」の共同販促を開始した。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報