HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【ノボノルディスクファーマ】GLP‐1受容体アゴニストを国内で初の承認申請

2008年07月16日 (水)

 ノボノルディスクファーマは14日、新規2型糖尿病治療薬のヒトGLP‐1アナログ製剤「リラグルチド」の承認申請を行った。ヒトGLP‐1アナログ製剤の承認申請は、国内で初めて。

 リラグルチドは、消化管ホルモンGLP‐1の構造を一部変更したGLP‐1受容体アゴニスト。血糖値が高い場合にのみインスリン分泌を促進し、長時間にわたって血糖降下作用を発揮する。

 GLP‐1は、インスリンの分泌を促進するだけでなく、食欲の抑制、動物を対象とした膵臓ランゲルハンス島β細胞の保護効果などが確認されている。ただ、生体内で、ペプチド分解酵素のDPP‐4によって急速に分解され、GLP‐1を高濃度に維持することは非常に困難だった。

 リラグルチドは、その問題を解決するために、GLP‐1の構造の一部を改変したアナログ製剤で、1日1回投与を可能にした。

 国内第III相試験の結果では、リラグルチド単独投与群、リラグルチド+SU薬併用群で24週投与後のHbA1c値が大きく低下し、特に併用群では約半数の患者がHbA1c値6・5%未満を達成する結果が得られている。重大な低血糖は見られておらず、忍容性も良好だった。

 既にリラグルチドは、5月23日に米FDAと欧州EMEAに承認申請を行っている。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報