HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【日本医療機能評価機構】抗癌剤の投与中止伝達ミスで注意喚起

2008年07月16日 (水)

 日本医療機能評価機構は15日、抗癌剤の投与中止を指示したにもかかわらず、外来化学療法室に伝わらず投与されてしまったケースなど、指示変更が関連部署に伝達されないことによるミスが2件報告されているとして、医療関係者に注意喚起した。「指示変更を確実に伝える仕組みを院内で構築する」取り組みをするよう呼びかけている。「医療安全情報」No.20に掲載された。

 抗癌剤の投与中止伝達ミスのケースでは、診察当日に患者の白血球が低下していたため、医師は点滴抗癌剤の投与中止を決め、コンピュータの投薬指示を削除した。しかし、カルテに投薬中止の指示を記載することと、注射せんの変更を忘れていた。そのため、変更されていないカルテと注射せんのまま、薬剤の投与が開始されてしまった。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報