HOME > 無季言 ∨ 

反論は数字で

2019年09月25日 (水)

◆18日の中央社会保険医療協議会総会では、かかりつけ薬剤師指導料、同包括管理料の算定回数が横ばいで、2018年11月の算定回数が全処方箋枚数の1.50%とのデータが示され、委員から算定件数の少なさが指摘された
◆それに対して、算定要件を満たせるだけのサービスを提供していながら患者負担増を考慮し、算定しない薬局もあるという趣旨の発言があった。しかし、そうした薬局がどの程度存在するか実態を把握できておらず、明確な反論ができていない印象を受けた
◆中医協や厚生労働省の審議会は“戦いの場”でもあり、万全の準備が求められる。昨今は医師委員だけでなく、患者代表の委員からも医薬分業、薬局、薬剤師に厳しい指摘が相次いでいるからだ
◆薬剤師側にも問題がないとは言えないが、それは一部の医師にも当てはまることである。それでも多くの場面で薬剤師が劣勢を強いられているとすれば、実態調査やデータ収集といったエビデンスの集積、つまり戦いの準備が足りていないと考えざるを得ない。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

無季言 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報