HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【そーせいグループ】GPCR創薬で他社導出‐「26年までに次の収入源を」

2019年09月27日 (金)

田村氏

田村氏

 国内バイオベンチャーのそーせいグループは、G蛋白質共役受容体(GPCR)を標的とした創薬基盤技術で潜在的な市場を取り込む。開発が手つかずになっているGPCR標的の自社化合物を臨床試験前に他社導出し、製薬大手が行う創薬にも手を貸す。田村眞一社長は、本紙のインタビューに、「安定的な売上ロイヤリティを得ているCOPD治療薬のシーブリとウルティブロの物質特許が切れる2026年までに、次の収入源を作っていきたい」と目標を掲げた。

 同社は1990年に設立し、05年に英アラキスを買収。アラキスから獲得したシーブリとウルティブロはノバルティスに導出し、世界で販売されている。毎年30億円程度のマイルストンを計上し、15年にはGPCR創薬の基盤技術を持つ英ヘプタレス・セラピューティクスを買収した。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報