HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【大塚製薬】主要評価項目達成せず‐中枢薬の第III相試験で

2019年10月03日 (木)

 大塚製薬は、中枢神経疾患治療薬「AVP-786」の中等度・重度アルツハイマー病(AD)に伴う過剰行動・暴言・暴力などの行動障害(アジテーション)を対象とした第III相試験「302試験」で、主要評価項目、副次評価項目を共に達成しなかったと発表した。プラセボ群と比べて有意な改善を示さなかったためで、今後詳細に結果を解析した上で、開発方針を検討する。

 同試験は、米国・カナダのAD患者522人の行動障害を対象とした12週間のプラセボ比較試験。「AVP-786」群はプラセボ群と比べ、主要評価項目であるアジテーションの評価指標に加え、副次評価項目でも有意な改善を示さなかった。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報