HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【アステラス製薬】第一三共に権利譲渡‐3製品をアジア6カ国で

2019年10月21日 (月)

 アステラス製薬は、第一三共に対し、制吐剤「ナゼア注射剤・同OD錠」(一般名:ラモセトロン)、降圧剤「ペルジピン注射剤」(一般名:ニカルジピン)、「オルデカカプセル」(一般名:バルニジピン)の3剤に関するアジア6カ国での権利を譲渡する。譲渡額は96億円。12月以降に第一三共のアジア子会社が製造元のLTLファーマから供給される対象製品の販売を開始し、20年12月までの譲渡完了を見込む。

 アステラスは、ナゼアを韓国・タイ・フィリピン・インドネシア、ペルジピンを中国・韓国・台湾、オルデカを韓国で展開しており、3製品合計の昨年度売上高は50億円。アジア事業の選択と集中を加速するため、第一三共への譲渡を決めた。譲渡益は今年度決算に計上する予定。国内ではLTLファーマに事業譲渡している。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報