HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【第一三共】癌の個別化医療で世界一狙う‐IT基盤を確立、橋渡し円滑化

2019年10月21日 (月)

村上雅人氏

村上雅人氏

 第一三共は、癌の個別化医療で世界トップを狙う。提携する研究機関から癌患者の臨床検体を研究用途で取得し、生体内の分子情報(オミックス情報)と臨床試験、実臨床のデータを統合解析できるITプラットフォームを確立した。医薬品開発では“死の谷”となっている非臨床から臨床への橋渡し(トランスレーショナルリサーチ:TR)を円滑にし、研究初期段階で対象患者を絞り込み、開発成功確率を高める。今後は自社抗癌剤を早期に申請できるようにし、将来的には患者一人ひとりの病態に合った治療薬開発を目指す。

 オンコロジー統括部バイオマーカー推進部長の村上雅人氏は、「薬効や副作用の根拠となるTRデータを日本から世界に発信し、癌のTRで世界をリードする製薬企業を目指していく」と意欲を示す。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報