HOME > 無季言 ∨ 

実務実習と世間の評価

2019年10月21日 (月)

◆新たな薬学教育モデル・コアカリキュラムに準拠した実務実習が2月に始まって約8カ月が経過した。文部科学省が新たな実習の取り組み状況を把握しているところだが「混乱が生じている」との話は聞こえてこない。大学教員、薬局、病院の関係者がしっかり対応しているのだろう
◆実習をめぐっては、「調剤業務しか経験させてもらえなかった」「あまり指導してもらえなかった」との声が多くの学生から上がり、見直しの一つの背景になった。実習で学生を受け入れる薬局、病院には教育機関としての役割も期待されており、教育に資する業務に取り組んでいる状況が欠かせない
◆ただ、毎年1万人の学生を受け入れている薬局、病院がそれだけ多様な業務を行い、学生に有益な実習を提供できていれば、特に薬局に関しては世間の評価は変わっていたかもしれない
◆昨今の医薬分業バッシングは、多くの受け入れ薬局が学生の満足できるような実習を提供できていなかったという側面からも、説明できるのではないかと考えてしまった。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

無季言 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報