HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【薬価部会で議論】段階的引下げ方向で一致‐バイオAGの先発品薬価

2019年10月25日 (金)

薬価部会

 中央社会保険医療協議会薬価専門部会は23日、次期薬価制度改革に向けて、先発品と有効成分や製法等が同じ後発バイオ医薬品(バイオAG)の取り扱いや原価計算方式のあり方などを議論し、バイオAGの先発品の薬価については、診療側、支払側共に段階的に引き下げる方向で意見が一致した。

 バイオAGの収載時薬価について、診療側の松本吉郎委員(日本医師会常任理事)は「現在の取り扱いが適当だが、今後の事例を踏まえて修正すべき」との見解を示す一方、バイオAGの先発品の薬価については「シェアを減少させて後発品に置き換わることが許容されているので、G1・G2ルールの対象とした上で、段階的に引き下げて差し支えない」と述べた。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報