HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【日医工】「セファゾリン」の供給再開‐来月25日から段階的に

2019年10月25日 (金)

 日医工は23日、国内で品切れ状態となっていた抗菌剤「セファゾリンナトリウム注射用『日医工』」について、来月25日から段階的に供給を再開すると発表した。来年1月には供給中止前の出荷水準に戻り、医療機関への通常出荷を行える見通しだ。

 セファゾリンは、日医工がトップシェアを握る薬剤。中国メーカーがセファゾリンの出発物質「テトラゾール酢酸」(TAA)、イタリアの原薬メーカー2社がセファゾリン原薬を製造し、複数ルートで調達していたが、昨年末に原薬メーカー2社のうち1社の原薬から不純物の混入が確認されて製造が停止していた。さらに、TAAも中国当局からの指示によって全世界での供給が停止し、2月からセファゾリンが供給できない状態となっていた。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報