HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【大日本住友製薬】ベストインクラス薬を導入‐ロイバントとの提携品目

2019年10月31日 (木)

野村博社長

野村博社長

 大日本住友製薬の野村博社長は28日、大阪市内で開いた中間決算説明会で、正式契約予定の英ロイバントサイエンスとの戦略的提携で得る品目について「重点領域ではないが、ベストインクラスの薬剤を外部から導入することによって、自社のファーストインクラスの薬剤開発を資金面で支えたい」と位置づけを語った。抗精神病薬「ラツーダ」の北米での独占販売期間が2023年2月に終了し大幅な減収が見込まれるが、それを補完するために「一定のキャッシュフローを稼がなくてはいけない」と強調した。

 同社の重点領域は精神神経、癌、再生・細胞医薬分野の3領域。野村氏は「3領域でファーストインクラスの薬剤開発をターゲットにしてきたが、新しいものはなかなか出にくい」と言及。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報