HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【IQVIA】癌領域第I相受託強化へ‐専門性で差別化図る

2019年12月09日 (月)

安藤幸治氏(右)と久保田美香氏

安藤幸治氏(右)と久保田美香氏

 IQVIAは、癌を対象とした第I相試験の受託強化を目指す。昨年7月には癌専門ユニットの中に第I相試験に特化したユニットを立ち上げた。専門性を持ち同じ目線で医師とコミュニケーションが取れる臨床開発モニター(CRA)を育て、癌領域を強化する他のCROに対し、専門性で差別化していく構え。抗癌剤開発の上流から承認申請まで一貫受託できるようにし、血液癌領域やキメラ抗原受容体T細胞(CAR-T)療法などの第I相試験にも対応した体制を整備する。

 癌の第I相試験は製薬企業にとって“最後のアウトソース”と呼ばれる領域だったが、CROに委ねるようになってきた。国内で抗癌剤の承認申請を行う場合には、規制当局から日本人の第I相試験データが要求されるため、CROが相次いで第I相試験の受託市場に参入するようになった。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報