HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【神戸アイセンター病院】神経網膜シートを移植‐来年度に臨床研究実施へ

2019年12月16日 (月)

9日に神戸市内で開かれた記者会見

 神戸アイセンター病院と理化学研究所などの研究グループは9日、iPS細胞由来の「神経網膜シート」を、網膜色素変性の患者に移植する臨床研究の計画を発表した。失明に近い状態から、明暗を認識できるまで視機能が回復する可能性がある。大日本住友製薬がシートの製造を手がける。厚生労働省などの審査を経て、来年度に1例目の移植を実施したい考えだ。

 臨床研究は、ほぼ視力を失った患者2人を対象に実施する。失われた視細胞の代わりに、iPS細胞から作った直径およそ1mmの神経網膜シート1~3枚を網膜内に移植し、拒絶反応や腫瘍形成がないかを1年間かけて確認する。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報