HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

20年度診療報酬改定を総括‐働き方改革「評価の第一歩」

2020年02月10日 (月)

調剤料下げは「甘受する」

 2020年度診療報酬改定の答申を受け、日本医師会、日本薬剤師会、日本歯科医師会の診療側と支払側は7日に記者会見を開き、改定議論を総括した。診療側は、医師等の働き方改革の対応への評価などを踏まえ、「それなりの評価ができた」と一定の評価を行った。支払側も「医療機能の強化や連携が一歩前進した」と評価する一方で、医薬品の保険給付のあり方や評価が見送られたフォーミュラリー(使用ガイド付き医薬品集)に対して改めて議論を強く求めた。

会見する診療側委員

会見する診療側委員

 今回の改定について、診療側は、日本医師会の横倉義武会長が「医師等の働き方改革推進への対応を明確にした上で、評価の第一歩を踏むことができた。少ない改定財源の中で、それなりの評価ができた」との認識を示した。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報