HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【ヤマトのジェネリック薬流通参入】厚労省経済課・木下課長「患者にメリットなら」歓迎

2008年8月21日 (木)

 運輸業大手ヤマトグループのジェネリック医薬品(GE薬)流通への参入は、これまで長くGE薬の流通を担ってきた販社にとっても、大きな脅威になる。日本ジェネリック医薬品販社協会事務局の川口剛三氏(城北薬販代表取締役)は、「こういう可能性が出てくるとは思っていたが、販社は地域密着で急配に対応できる小回りの良さなど、細かいサービスで信頼を勝ち取ってきた。それがきちんとできるのか疑問だが、ヤマトが参入してきても販社のきめ細かさは失われないし、共存することは可能だと思っている」とコメントした。

 一方、GE薬の普及・促進策を進める厚生労働省医政局経済課の木下賢志課長は、「過当競争ぎみの領域に、よく果敢に挑んだと思う」との印象を語った上で、「こうした状況下で新たに参入というのは、経済課としても興味を持っている。流通体系も法的に問題がなく、アクションプログラムに掲げた安定供給や使用促進に寄与し、患者さんのメリットにつながるのならば歓迎すべきこと」との意向を示した。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録