HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【アンジェス/大阪大学】新型肺炎ワクチンを開発‐DNAプラスミドの実績で

2020年03月09日 (月)

森下竜一氏

森下竜一氏

 大阪大学発バイオベンチャー「アンジェス」と大阪大学は、新型コロナウイルス「COVID-19」に対する予防用DNAワクチンを開発すると発表した。両者のDNAプラスミド製品の開発実績を生かし、各国規制当局との協議のもと、承認手続きを簡略化させた形で実用化を目指す。製造に関してはプラスミドDNAの製造技術・設備を保有するタカラバイオが担当する。

 大阪大学の森下竜一教授は5日、都内で記者会見し、「既に動物実験用のワクチンは製造段階であり、約半年後に臨床試験を開始する予定」と語った。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報‐AD‐
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報