HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【製薬協/AMED】治療薬開発へ連携強化‐新型肺炎対策で協力

2020年03月30日 (月)

 日本製薬工業協会と日本医療研究開発機構(AMED)は27日、新型コロナウイルス感染症の医薬品開発に向け連携強化していくことを確認した。今後、両者は既存薬から新型コロナウイルス感染症治療薬を見出すドラッグリポジショニングやワクチン開発、中和抗体医薬品の研究開発で協力し、治療薬開発を目指していく。

 新型コロナウイルス感染症治療薬のドラッグリポジショニングをめぐっては、製薬協加盟各社が厚生労働省や国立感染症研究所からの依頼に基づき、原薬提供の協力を行っている。AMEDの創薬等先端技術支援基盤プラットフォーム(BIND)事業でも、新型コロナウイルス感染症の治療薬開発に向け、既存薬から治療薬候補を選定するインシリコスクリーニングを実施しているが、良好な活性が認められる化合物については、今後、製薬協会員企業から化合物原薬を提供してもらえるよう協力を呼びかける。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報‐AD‐
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報