HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【明治薬科大学】小児に強い薬剤師養成へ‐成育医療センターと連携協定

2020年03月30日 (月)

 明治薬科大学と国立成育医療研究センターは23日、双方の人材交流を促す連携大学院協定を締結した。小児期・周産期に精通した薬剤師を育成するため、明治薬科大の大学院生や職員が同センターの医療現場で実際の課題を把握するほか、同センター職員は大学で最新の薬学を学ぶ。研究内容などの詳細を検討して実施する方針だ。同センターが薬科大学と連携協定を結んだのは、昨年3月の昭和薬科大学に続き2件目となる。

協定書に調印した石井学長(前列左から2人目)と五十嵐理事長(同3人目)

協定書に調印した石井学長(前列左から2人目)と五十嵐理事長(同3人目)

 国内では、小児医療に精通した薬剤師が不足する中で、明治薬科大は成育医療を「少子化問題に直面する日本の将来を支える必須の分野」と位置づけ、小児・周産期に関する研究、教育の環境が充実している同センターに連携を提案。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報‐AD‐
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報