HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【HCEI】電子カルテDBを拡充へ‐3年以内に全国500病院

2020年04月24日 (金)

製販後調査の活用も視野

 一般社団法人「健康・医療・教育情報評価推進機構」(HCEI)は、全国の病院の協力を得て構築している電子カルテ由来の診療情報データベース「RWD-DB」を拡充する。現在、188病院、患者2020万人のデータを格納して国内最大規模を誇るが、3年以内に協力先を500病院に増やしたい考えだ。研究機関や製薬企業の臨床研究に活用してもらい、新たなエビデンス創出を支援する。製薬企業の製造販売後調査での活用も、行政当局の承認を得た上で、早ければ年内に始めたい考え。製販後調査目的のニーズは大きいと見込んでいる。

 HCEIが業務を委託しているリアルワールドデータ(本社京都市)は、3月に三菱商事を割当先とする第三者割当増資を実施した。三菱商事から得た資金をもとに、約50人の社員数を段階的に3年で約100人に増やす計画。同社のマンパワー強化を背景に、RWD-DBの拡充を推進する。今後、製薬企業による製販後調査での利用が軌道に乗れば、大きな収入源として事業全体を円滑に回せる体制が整う。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報‐AD‐
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報