HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【参天製薬】谷内社長、新型コロナ「一定の影響」‐経費削減等で増益確保へ

2020年05月13日 (水)

 参天製薬の谷内樹生社長兼CEOは11日に開いた決算説明会で、新型コロナウイルス感染症による今年度業績への影響について「一定のマイナス影響があるだろう」と言及。受診抑制など市場縮小によって売上高が約1~3割減少すると見込むが、その中でも経費削減などで増益を確保したいと強調。「費用のコントロールをグローバルで徹底していきたい」と語った。

 今年度売上高は、前期比約3%減の2350億円を見込む。新型コロナウイルス感染症の拡大による受診抑制などを受けて減収となる予想だが、費用抑制策の強化で営業利益は4%増の520億円となる見通し。購買一元化や業務効率化などに加え、学会や講演会、対面営業など販売活動のオンラインへの転換で費用を抑える。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報‐AD‐
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報