HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【日本新薬】核酸医薬品の技術活用‐コロナ治療薬開発着手

2020年05月19日 (火)

前川重信社長

前川重信社長

 日本新薬の前川重信社長は13日の決算説明会で、核酸医薬品を新型コロナウイルス感染症治療薬として開発する研究に着手したことを明らかにした。独自の特許技術で合成した長鎖RNAを使用することで、ウイルスの複数標的に作用する治療薬の開発を目指す。複数を標的にすることで効果は強く、ウイルス遺伝子の変異にも対応できるなど、他社と差別化を図れる可能性がある。前川氏は「今年度内に候補化合物を見出したい」と強調した。

 核酸医薬品は、新型コロナウイルスのRNAを標的にし、機能発現を抑えることで感染症治療に役立つ可能性がある。世界で数社が同じアプローチで開発に取り組んでいるが、いずれも短鎖の核酸を使用するため、作用標的は一つしか設定できないと見られる。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報‐AD‐
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報