HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【武田薬品】新型コロナ薬「TAK-888」、年内の国内申請目指す

2020年05月19日 (火)

 武田薬品は、新型コロナウイルス感染症治療薬として開発中の高度免疫グロブリン製剤「TAK-888」について、年内の国内申請を目指す。日本や欧米、アジアのグローバルで開発を進め、今夏には臨床試験を開始する予定だ。クリストフ・ウェバーCEOが13日の決算説明会で明らかにした。

 「TAK-888」は、新型コロナウイルス感染症の回復患者から採取した血漿の病原体特異的な抗体を濃縮することで作り出す血漿分画製剤。抗体を患者に投与すると患者の免疫系の活性を高め、回復可能性を上げるメカニズムを持つ。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報‐AD‐
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報