HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【大阪府薬】患者1割に有害事象発見‐投薬後のフォローで把握

2020年06月10日 (水)

 大阪府薬剤師会が2019年度に実施した事業で、薬局薬剤師が投薬後の患者を継続的にフォローアップした約260症例を解析したところ、軽度な症状も含め10%の患者で有害事象を発見できたことが明らかになった。薬剤師が1週間に1回程度、主に電話で患者の状況を積極的に確認したことで有害事象の発見率が高まり、最適な薬物療法の遂行につながった可能性がある。調査では、約8割の患者が「今後も薬局からの連絡が必要」と回答しており、継続的なフォローに対する患者の満足度も高いことが分かった。

 調査は、厚生労働省の「薬局の連携体制整備のための検討モデル事業」の一環として実施したもの。大阪府下7地域薬剤師会の会員から投薬後にフォローアップを実施した症例を集め、体調変化や服薬状況の把握に対する貢献、最適な連絡手段や頻度などについて解析を行った。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
注目企画
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報