HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【成育医療センター】喘息患者「感染しにくい」‐新型コロナで研究成果

2020年06月10日 (水)

 国立成育医療研究センター免疫アレルギー・感染研究部は、気管支喘息患者が新型コロナウイルスに感染しにくい可能性があるとの研究結果を公表した。感染患者の気管支喘息合併率が感染していない人に比べて低いことなどを理由としており、気管支喘息の発症に関わる蛋白質がウイルスの受容体発現を抑えている可能性があるとした。研究結果は米アレルギー喘息免疫学会誌「ジャーナルオブアラジーアンドクリニカルイムノロジー電子版」に掲載された。

 同研究部は、中国、米国、メキシコから報告された1万7485人の新型コロナウイルスに感染した患者に関する論文の解析を実施した。その結果、気管支喘息の合併率は5.27%だった一方、ウイルスに感染していない人における気管支喘息の有病率は7.95%だったことから、気管支喘息患者が新型コロナウイルス感染症にかかりにくいことが考えられた。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報