HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【厚労省】出生数87万人と過去最少‐婚姻率は上昇、令和婚影響か

2020年06月11日 (木)

 厚生労働省は5日、2019年の人口動態統計月報年計(概数)を公表した。死亡数は138万1098人で戦後最多となった一方、出生数は86万5234人で、同統計を開始した1899年以来過去最少となった。出生数から死亡数を差し引いた自然増減数は51万5864人の減少となり、過去最大の減少幅となった。厚労省は「少子化の進展は社会経済を揺るがしかねず、最優先で取り組むべき課題の一つ。しっかりと対策を講じる必要がある」との考えを示した。

 昨年の死亡数は、138万1098人と前年の136万2470人を2万人近く上回り、戦後最多となった。死亡率(人口千対)も、11.2で前年の11.0を上回った。死因のトップは悪性新生物の37万6392人で、全死亡数の27.3%を占めた。次いで、高血圧性を除く心疾患が20万7628人、老衰が12万1868人で、前年から順位に変化はなかった。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報‐AD‐
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報