HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【薬食審運営委員会】血液由来iPSの活用可‐9月から改正血液法施行へ

2020年06月17日 (水)

 厚生労働省は10日、血液法施行規則の一部を改正する案を、オンラインで開かれた薬事・食品衛生審議会血液事業部会運営委員会に報告した。全国で血液由来のiPS細胞を医薬品等の研究開発に関する試験に活用できるようにするため、医療の質向上に貢献する採血の範囲として、具体的に「医薬品、医療機器等の研究開発に用いるもの」などを定めた。現在、改正案についてパブリックコメントを募っており、9月1日から施行する予定。

 医薬品医療機器等法の改正に伴い、血液法の一部も改正され、9月から改正内容が施行される。

 改正法では、血液由来のiPS細胞を医薬品等の研究開発に関する試験に活用するなど、「医療の発展に貢献する採血」を認めている。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報