HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【厚労省】「アバスチン」に動脈解離‐添付文書の改訂を指示

2020年06月19日 (金)

 厚生労働省は16日、中外製薬の抗癌剤「ベバシズマブ(遺伝子組み換え)」(販売名:アバスチン点滴静注用)と同剤のバイオ後続品4品目、第一三共のアルツハイマー型認知症治療剤「メマンチン塩酸塩」(メマリー錠、同OD錠、同ドライシロップ)と同剤の後発品について、添付文書の「使用上の注意」を改訂するよう製造販売業者に指示した。

 ベバシズマブ(遺伝子組み換え)で改訂対象となるのは、中外製薬の「アバスチン点滴静注用100mg/4mL、同400mg/16mL」、同剤のバイオ後続品であるファイザーの「ベバシズマブBS点滴静注100mg『ファイザー』、同400mg『ファイザー』」、第一三共の「ベバシズマブBS点滴静注100mg『第一三共』、同400mg『第一三共』」。これら品目について、「重大な副作用」の項目に動脈解離を追記する。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
注目企画
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報