HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【厚労省】後発品415品目を薬価収載‐「メマリー」に22社が参入

2020年06月19日 (金)

初後発18成分は最多

 厚生労働省はきょう19日、後発品415品目を薬価基準に収載する。初の後発品収載は、アルツハイマー型認知症治療薬「メマンチン塩酸塩」(先発品:メマリー=第一三共)など18成分292品目。初後発品の18成分収載は2009年5月以降、最多となる。新規収載希望が10品目を超えた内用薬を先発品の「0.4がけ」とするルールは5成分6規格108品目に適用され、先発品メーカーから特許使用の許可を得て後発品として発売するオーソライズドジェネリック(AG)の収載は、初後発に限ると「セレコキシブ」(セレコックス=アステラス製薬)、「エゼチミブ」(ゼチーア=MSD)など6成分10規格13品目が収載される。

 今回、薬価収載の希望品目は487品目だったが、安定供給上の不安や採算上の理由などにより72品目が取り下げられ、最終的に65社の73成分130規格415品目が収載された。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報‐AD‐
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報