TOP > HEADLINE NEWS ∨ 

【厚労省検討会】薬局負担軽減の仕組みを‐電子処方箋運用へ方向性

2020年06月19日 (金)

 厚生労働省の検討会は15日、健康・医療分野のデータ利活用のあり方に関する今後の方向性をまとめた。2023年度からの電子処方箋の本格運用に必要な環境整備については、全国で利用できるものとするほか、薬局や医療機関の負担軽減に役立つ仕組みとすることを明記。処方箋の真正性確保のあり方の検討も盛り込んだ。厚労省は、7月に策定予定の「骨太方針2020」に盛り込みたい考え。

 検討会では、健康・医療分野のデータ活用によって国民の健康寿命延伸や利便性向上を目指し、▽電子処方箋実現に向けた環境整備▽医療等情報を本人や全国の医療機関で確認・利活用できる仕組み▽健診・検診情報を本人が電子的に確認・利活用できる仕組み――について作業部会を設置。各項目の方向性を議論してきた。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。


‐AD‐

関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

おすすめ情報‐AD‐
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント・RSS
RSSRSS
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報