HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【武田薬品】精神疾患7製品を導出‐米社に一時金129億円で

2020年06月22日 (月)

 武田薬品は17日、米ニューロクラインバイオサイエンスに対し、精神疾患領域の開発品に関する全世界での独占権を導出した。契約一時金として1億2000万ドル(約129億円)、開発マイルストンとして最大4億9500万ドル(約531億円)、販売マイルストンとして最大14億ドル(約1502億円)を受け取る。

 契約により武田は、臨床試験段階にある統合失調症治療薬「TAK-831」、治療抵抗性うつ病治療薬「TAK-653」、無快楽症治療薬「TAK-041」のほか、四つの前臨床プログラムと合計7製品に関する独占権をニューロクラインに導出する。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報