HOME > 無季言 ∨ 

むずむず脚症候群

2006年7月19日 (水)

◆レストレスレッグス症候群(RLS)という神経疾患がある。むずむず脚症候群とも呼ばれ、ふくらはぎの辺りに虫が這うような不快感があり、脚を動かさずにはいられない。夜間に症状が増悪するケースが多いため、慢性的な睡眠不足に陥る
◆欧米には、1200万人もの患者がいるとされる。ある医師がインターネットで調査した結果では、国内には105%程度のRLS患者がいると推定されたという。だがRLSという疾病に対する認知度の低さから、もっと多くの患者が潜在しているとも考えられる
◆RLSの症状を改善させる薬としては、EUが今年4月、パーキンソン病に用いられるプラミペキソールに効能追加を承認した。国内では、42人の特発性RLS患者を対象として実施されたフェーズII試験の成績が良好だったことから、9月から全国規模で多施設臨床試験を行う予定という
◆有効な治療法が確立されれば、医療従事者の疾病に対する認知度も高まり、見過ごされてきた患者が減るかもしれない。人知れず悩んできた患者が、救われるきっかけになることを期待したい。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

無季言 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録