HOME > 無季言 ∨ 

相次いだ処方せん薬の違法販売

2006年7月14日 (金)

◆昨年4月施行の改正薬事法で、処方せん医薬品へ移行された成分を含む医薬品を、処方せんなしで販売した事例が、先月中旬以降ドラッグストアなどで相次いだ。喘息治療薬の急性中毒が疑われる症例の発生から表面化したものだ
◆この事例以降、ドラッグストア各社は社内調査を実施。該当する事例を自社HPや新聞広告などで明らかにし、当該商品の回収も促すなど素早い行動に出た。しかし、違法販売に至った理由は、多くの企業が不手際によるものと片付けている
◆処方せん薬の違法販売は、販売者に3年以下の懲役または300万円以下の罰金という厳しい規定がある。それだけに“不手際”で済ませるにはお粗末すぎる話だ
◆今回はドラッグストアがクローズアップされた格好だが、一般薬局にも同様の事例がなかったとは言い切れまい。医薬品販売制度が大幅に変わる改正薬事法の施行を控え、行政と業界が連携して、違反事例の放置を防ぐための取り組みを推進することが必要だ。それが業界全体の信頼にもつながっていく。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

無季言 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録