HOME > 無季言 ∨ 

薬価制度見直し、毎年改定が焦点

2006年7月12日 (水)

◆日米政府による「規制改革及び競争政策イニシアティブ」報告書は6月29日という面白いタイミングで公表された。政府の骨太方針決定前、中医協薬価専門部会の開催前。業界には「計ったのでしょう」との見方もある
◆報告書で注目されたのは、薬価制度見直しで継続検討課題の毎年改定に、米政府が「強い反対を表明」し、それを厚労省が「留意する」とした記述。同省OBは「米を気にしつつ与党、財政当局、医師会、業界など関係者の力関係で調整して下さい」の意味だと解説する
◆もう一つの検討課題が成分加重平均方式。だが提案した厚労省でも、理屈が通らないとの認識が出来上がりつつあるという。やはり焦点は毎年改定となりそうだ
◆業界側は、成分加重にも毎年改定にも反対。しかし市場実勢価に合わせ、薬価差を放置しない毎年改定に一理あるのも事実だ。来年の実施はないとの見方が有力だが、政府の歳出入一体改革により、近い将来の毎年改定実施、長期収載品の引き下げ継続へ意見は強まっている。先のOBの解説通りなら、水面下の綱引きが始まる。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

無季言 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録