HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【静岡県立大など】下剤の適正使用へ臨床研究‐服薬時刻をデバイスで記録

2020年08月21日 (金)

薬局薬剤師が助言介入

PTPシートに装着したデバイスで服薬日時を把握できる

PTPシートに装着したデバイスで服薬日時を把握できる

 静岡県立大学薬学部医薬品情報解析学の古島大資助教らは、患者の服薬時刻を記録するデバイスを使って薬局薬剤師が医薬品の適正使用を支援する方法の構築に向け、5月から臨床研究を本格開始した。下剤の服用状況を薬剤師が管理し、薬を飲む量やタイミングについて助言した効果を検証する。これにより、患者の症状改善やQOL向上につなげたい考えだ。

 研究対象は、酸化マグネシウム錠を服用しているものの、下痢や便秘など排便コントロールが不良な60歳以上の高齢患者。患者がPTPシートから薬剤を取り出した日時をデバイスで記録するほか、トイレの回数や便の状態を日誌に記入してもらう。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報