HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【武田薬品】OTC薬子会社を売却‐米投資会社に2420億円で

2020年08月26日 (水)

 武田薬品は24日、OTC医薬品を手がける子会社「武田コンシューマーヘルスケア」(TCHC)の全株式を米投資会社のブラックストーングループに約2420億円で譲渡すると発表した。日本初のビタミンB1製剤で60年以上の歴史を持つ「アリナミン」、総合感冒薬「ベンザ」などのOTC製品群を手放し、癌や消化器疾患など五つの事業領域からなる医療用医薬品に投資を集中させる。TCHCは連結子会社から除外され、従業員約500人が異動。株式譲渡日は来年3月31日を予定する。

 TCHCは、武田のOTC医薬品ビジネスを分社化したのに伴い、2017年に事業を開始。昨年度の売上高は前年比5.0%減の609億円で、武田全体の売上の2%に相当する。直近の数年間は減収が続いていた。TCHCの譲渡が成立した場合、約1400億円の株式売却益の発生を見込み、親会社の所有者に帰属する当期利益に対する増益影響は1050億円を想定する。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報‐AD‐
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報