HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【厚労省】インフル接種、高齢者ら優先‐コロナ流行で需要増に対応

2020年08月28日 (金)

 厚生労働省は26日、65歳以上の高齢者や医療者などを季節性インフルエンザワクチンを優先的な接種対象者とする案を感染症部会と予防接種基本方針部会の合同会議に示し、概ね了承された。新型コロナウイルス感染症の流行で同ワクチンの需要増も予想される事態に対応するもので、高齢者は10月前半から、それ以外の人は10月後半から接種開始するよう呼びかける。

 新型コロナウイルスの流行が続く中、厚労省は季節性インフルエンザワクチンの需要も高まる可能性を考慮し、2015年以降で最大供給量となる約6350万人分の4価ワクチンを確保する見通しを示している。この日の部会では、同ワクチンを優先的に接種すべき対象者を示した。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報