HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【田辺三菱製薬】うつ病治療アプリを獲得‐今年度中に治験開始へ

2020年09月04日 (金)

 田辺三菱製薬は1日、京都大学と国立精神・神経医療研究センター(NCNP)が開発したうつ病治療用のスマートフォンアプリ「こころアプリ」の国内における独占的開発・販売権を取得したと発表した。医療機器として2025年度までに実用化したい考えで、今年度中に臨床試験を始める計画。順調に開発が進めば、日本で初めてのうつ病治療用アプリとなる見込み。

 アプリは、京大とNCNPが精神療法の一つの認知行動療法をベースに開発した。精神科医らとの対話などを通じて、自分の認知パターンやゆがみを修正する対面セッションの治療プログラムをモデルとして設計されている。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報