HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【厚労省】スイッチ化の可否行わず‐企業が厚労相に直接申請も

2020年10月30日 (金)

規制改革計画で対応案

規制改革計画で対応案

 厚生労働省は28日の「医療用から要指導・一般用への転用に関する評価検討会議」で、政府の規制改革実施計画で同会議の運営のあり方が問題視されたことを受け、スイッチOTC化の可否を行わないことなどを柱とする対応案を示した。対応案には、製薬企業が同会議に要望を提出せず厚労相に直接、承認申請できることも明記し、年末をメドに作成予定の中間取りまとめに盛り込みたい考え。

 スイッチOTC化に向けては、同会議でスイッチ化する上での課題や論点を整理し、薬事・食品衛生審議会に意見として示すとされている。

 しかし、評価検討会議と薬事・食品衛生審議会の役割が曖昧となっており、7月に閣議決定された規制改革実施計画では、同会議がスイッチ化の可否を決めるものではないことを明確化するよう明記していた。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報