HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【アストラゼネカ】田中氏「安全性の確保を最重視」‐コロナワクチン国内導入で

2020年12月01日 (火)

 アストラゼネカ研究開発本部サイエンス&データアナリティクス統括部長兼パンデミックワクチンプロジェクト日本リードの田中倫夫氏は11月27日、全世界で開発中の新型コロナウイルス感染症ワクチン候補「AZD1222」の国内導入に言及。「安全保障の観点から国内製造にこだわっている」と述べ、承認取得後の日本人への接種に当たっては「安全に使用できる体制を作ることが最も大事」との考えを示した。

 同ワクチンをめぐっては今月、英国とブラジルでの第III相試験の中間解析で、平均70%の予防効果が示される好結果が得られており、国内では第I/II相試験を256例で実施中だ。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報