HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【諮問会議】中間年改定「着実な実施を」‐後発品新目標は年度内に

2020年12月02日 (水)

 政府の経済財政諮問会議が11月27日に開かれ、2021年度予算編成に向け、来年度薬価改定について複数の民間議員から「国民負担軽減のため、着実に実施すべき」との意見が上がった。後発品の使用促進策に関しても、80%の使用割合達成後の新目標を年度内に設定し、強力な追加措置も実施すべきとした。

 この日の会議では、21年度予算編成に向け、民間議員が社会保障分野における重点課題を示した。具体的には、国民負担を軽減するため、約10兆円に達する薬剤費の引き下げにつながる改革を実現すべきとし、来年度の薬価改定はイノベーション促進の観点も踏まえ、着実に行うべきと提言した。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報‐AD‐
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報