HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【エイズ学会学術集会】薬局薬剤師が長期療養支援‐高齢化進むHIV感染者に

2020年12月02日 (水)

 日本エイズ学会学術集会がウェブ上で開催され、薬局薬剤師の取り組みをテーマにしたシンポジウムでは、抗HIV薬の進化で可能になったHIV感染患者の長期療養をいかに支えるかについて意見が交わされた。患者の高齢化に伴って、嚥下障害が生じると抗HIV薬の大きな錠剤を服用しづらくなったり、他疾患の治療薬が増えると気づかないまま併用禁忌薬を服用する可能性がある。演者の薬局薬剤師は、これらの状況をしっかり把握し、対処するよう呼びかけたほか、今後進むと見られる在宅医療でも役割を発揮するよう求めた。

 抗HIV薬の進化によって、HIV感染症はコントロール可能な慢性疾患になった。長期間の療養が実現したことで、高齢化に伴う嚥下障害や併存疾患との薬物治療に注意を払う必要性が高まっている。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報