HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

患者へのサービスに意識を‐紀平薬剤管理官「結果出してこその報酬」

2020年12月01日 (火)

 厚生労働省保険局医療課の紀平哲也薬剤管理官は、このほど日本保険薬局協会が開催したセミナーで講演し、調剤報酬の算定のあり方について言及。「患者さんに対する薬物治療をより良くするという目的に対し、薬剤師が行動を行って結果を出した時に報酬が与えられるのが本来の考え方」と述べた上で、「調剤報酬などルールに合わせて行動を考えるのではなく、患者さんにどういったサービスを提供していくべきかに意識を持ってもらいたい」と要望した。

 紀平氏は、患者のための薬局ビジョンで提唱されている対物業務から対人業務へと薬剤師の職能をシフトしていく上で、「調剤や在庫管理の業務から疑義照会、服薬指導へと仕事を変えるのではなく、個々の患者さんに合わせて仕事をしていく意識に変えていくことが求められる」と指摘した。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報‐AD‐
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報