HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【日本医療薬学会】プロの薬剤師像を議論‐専門技術外の要素が必要

2020年12月07日 (月)

 ウェブ上で開かれた日本医療薬学会年会のシンポジウムで、薬剤師のプロフェッショナリズムをめぐって、病院や薬局の薬剤師、大学関係者らが議論した。薬学的な知識や技術以外に、考える力や高い倫理観を持つよう求める意見が多く、営利性だけを追求した医療機関経営を問題視する声もあった。

 永田泰造氏(東京都薬剤師会会長)は薬局薬剤師のプロフェッショナリズムの醸成を呼びかけた。

 一部の薬局で起こったハーボニーの偽造薬流通や処方箋付け替え問題、かかりつけ薬剤師の同意書へのサイン強要などの事例に触れ、プロフェッショナリズム以前の問題と指摘。「医療というより会社経営の利益確保という観点で薬学管理料の算定が行われている」と述べ、高い倫理観を持つよう求めた。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報‐AD‐
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報