HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【ココカラファイン】敷地内薬局や健サポ推進‐塚本社長「調剤事業、来期800億円視野」

2020年12月07日 (月)

 ココカラファインの塚本厚志社長は、動画配信で行われた2021年3月期中間決算説明会で、調剤事業の方向性に言及。医薬品・調剤機器の共同調達などによりマツモトキヨシホールディングスとのシナジー効果の早期実現、敷地内薬局の展開など専門性の高い薬局づくり、出店やM&A活用によってドミナントを深耕させてヘルスケアネットワークを構築することなどを挙げた。その上で、今期末時点での調剤拠点数は415拠点、調剤売上高は700億円を超えてくるとし、「調剤事業の年間売上規模が来期には約800億円になる」との見通しを示した。

 塚本氏は、調剤事業における店舗の方向性に関して、「出店形態として、医療機関との連携が必要とされる敷地内薬局を代表に、より専門性の高い薬局づくりを進めていく」と説明。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

検索
アカウント / RSS
RSSRSS
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報